« 8月11日(月)に一周忌法要を行いました。 | トップページ | 3度目の夏。 »

2015年7月27日 (月)

理絵が亡くなって・・・

理絵が亡くなって、もうすぐ2年を迎えます。

人間は早い遅いの差はあっても、必ず死を迎えます。
それにしても、39年の人生は早過ぎです。
本人もまだまだやりたいことが沢山あっただろうに・・・。

昔のことをしみじみと想い出します。
小・中学生の頃、本を読むのが好きだったせいか、
一生懸命勉強してましたね。

進研ゼミの成績が全国100位以内に入ったことが
一回だけありました。
〇〇万人も受講していたので、ビックリ。
全然期待していなかったので、褒めてやったら
ほんとうに嬉しそうでした。

短大時代には、いろんなバイトをしていましたね。
印刷屋さんやマネキン製造会社、テレホンカードショップにも
いましたね。

今でも、夕暮れになると18歳の理絵が「ただいま!」と
云って玄関先に帰って来る、そんな錯覚に襲われることがあります。

好奇心が人一倍強い娘でした。

英語がライフワークみたいになって、それがワーホリに繋がった
んですね。1年間滞在したオーストラリアから100通を超える
メールももらいました。当時は、WINDOWS95が振り出しの頃で
いつも小さな東芝のパソコンを持ち歩いていました。

結婚して、念願の小さな雑貨店を持てましたが、最初の頃は
とても楽しそうでした。
葬儀で理解出来ましたが、あんなにお客様に支持されていたとは・・・。

娘はネット・ビジネスにも関心が高かったように想います。

将来は、古書店の経営をしながら、又吉直樹氏のような
作家になれたら本望だったかも知れません。



2年前にプレゼントして、雑貨店の横に植えたダンスパーティーと
いう星の子のようなピンクのアジサイが実家の小さな庭で
今年やっと咲いてくれました。娘の化身だと想って、大事にしています。




Danceparty10_2



|

« 8月11日(月)に一周忌法要を行いました。 | トップページ | 3度目の夏。 »

コメント

あの日から、この時期に、いえ時々魔女卵さんの事、思い出しています。
彼女のこの世の時間は、違う形になって動いてるんですね。
私は、先立った友人達が幾人かいますので、そのあと彼、彼女達が永遠になって心に住んでるのも感じます。りえさんの笑顔と、写真の紫陽花が届いた時の事、動く写真のように思い出せます。同じ紫陽花をみるとすぐに。
ちょうど居合わせた事にも不思議を感じます。
悲しい気持ちも一緒ですが、先月発売された「昨日何食べた?」の漫画の話をよくしていました。新刊が出たのにね。りえさん。
今もふらっと店を立ち寄ったら、目の醒めるファッションで、微笑んで
迎えてくれるようです。
まだ、知らないりえさんの事、教えていただき、ありがとうございます。

投稿: ムムリク スオミ | 2015年7月30日 (木) 15時48分

ダンスパーティ!こんな可愛らしいアジサイがあるのですね。
魔女卵で購入した食器や雑貨が生活に溶け込んでいるので、理絵さんを思い出すというよりは心の片隅で無意識にいつもその存在を感じています。
理絵さんの作っていた料理が作りたくなったり、読んでいた本を私も読みたくなったりして。今もしょっちゅうブログを覗きに来ています。
単なる客だった私にとっては、ご家族の方やご友人の方々から聞ける理絵さんの話はとてもうれしいものです。

もうすぐお盆ですね。理絵さんだったらキュウリの馬じゃなくてホウキに乗って帰ってくるんじゃないか。。。なんて思いを馳せてしまいます。


投稿: longri | 2015年7月31日 (金) 14時13分

ムムリク・スオミさん
コメント再びありがとうございます。

懐かしんで理絵のブログ観ていて
くださってるんですね。

たまに想いますよ。どこかで魂が
入れ替わって生き続けているのでは
ないかな!?と。

シアター・キノのモギリやタワー・レコード勤務
もありましたね。

2013年の初春、魔女卵で、タカトシの番組に
出ていたビデオ、たまに観ています。
ピンクとグリーンのハデめの衣装で、タカに
注目されながら、生まれて間もないタカの息子の
ために、同じ柄のオモチャを買っていただきました。

すべて、昔日の想い出です。

投稿: 父 | 2015年8月 1日 (土) 15時31分

longri さん、懐かしんでいただいてありがとうございます。

理絵が、家族で海外旅行した折に、いろんな雑貨店に寄って買い求めた小物のお土産、もらったりしたものでしたが、今、殆ど毎日眼にしています。
それほど雑貨はくれてやったり、捨てない限り、想い出といっしょに、手元にいつまでも、残りますね。

人間って、今更ですが、ひたすら想い出づくりのために、旅行したり、お金を使ったりする動物なんですね。

投稿: 父 | 2015年8月 1日 (土) 15時50分

魔女卵にはそういった素敵な雑貨が溢れていましたね。想い出だったり夢だったり。
いろいろな気持ちを感じられる唯一のお店でした。

今日で2年ですね。
私もタカトシ牧場の番組、録画して保存してます。今夜久しぶりに観ようかなと思っています。

投稿: longri | 2015年8月11日 (火) 14時41分

はじめてお便りします。私はりえさんのお店をHPでしか見た事ありませんでしたが、味わい深い雑貨に丸きり魅せられていました。なんという深い多彩な色と、安堵を、誘う異世界のデザインだろうとお気に入りに登録して、その雑貨を突き抜けてアートになってるHPに癒されていました。それから、1年経った昨年、初めて亡くなっておられる事に気が付いて悲しかったです。その時夕方の空に見た事もない大きな魔女の形の雲が飛んでいました。手に金のりすを持っていました。その雲は壮大な大きさで素敵な色に変わりながらだんだん消えて行きました。りえさんじゃないかなあと思いました。
そしてまた今朝りえさんに机でレクチャーを受ける夢を見ました。自分でお店を作るやり方を習う途中で目が覚めました。りえさんだ!と気付いて驚いてしまいました。私は、お会いした事も無いですが、ふしぎに思いました。りえさんは魔法の世界に居ると思います。

投稿: ころー | 2015年8月13日 (木) 22時04分

longriさん、コメントお返し
ありがとうございます。

>今日で2年ですね。

先日の日曜日に親しかった友人の皆さんに
集まっていただいて、娘宅で「三回忌法要」を
執り行いました。

皆さんとまたまた娘の想い出を、語り合いながら
早い時の流れを感じつつ、ひとときを過ごさせて
いただきました。

孫娘もまたひと回り大きくなって、何処かで
理絵も、目を細めているやも知れません。

投稿: 父 | 2015年8月19日 (水) 20時31分

ころーさん、コメントありがとうございます。

更新されないブログですが、観てくれていて
ほんとうにありがとうございます。

そうですね。ネットのファンも相当いましたよね。
こんなことがありました。

「魔女の宅急便」(2014実写版)では、ネットで
照会のあった、映画の小道具の担当者に、魔女卵の
雑貨をお貸ししました。
天井から吊り下げたフランス製の鯉とタツノオトシゴでしたが
確かに劇中で使われていましたね。

近所のクリーニング店のセットでしたが、壁紙が
うろこ模様でレイアウトされており、鯉の模様に
触発されて、大道具にまで波及したんだと、
感心したものでした。
(勿論、貸した故人は、このことを知りません。)

エンド・タイトルの協力社の一群の中に「魔女卵」の
ロゴを発見した時は、正直、感動しました。

故人は、出来上がった映画を観ることなく、この世を去りました。

1984年に「魔女卵」というマニアックな映画(東映)が
あったことは知っていましたが
未だに、「魔女卵」という店舗の名前の由来も
わかりません。

投稿: 父 | 2015年8月19日 (水) 21時24分

魔女卵というお店を知ったのは2013年5月。私が欲しいもの、見たいものを検索すると、この不思議なお店「魔女卵」が必ず出てきました。店主.理絵さんの好みが怖いくらいに私とかぶり、話が合わないはずはない!と、本当にうれしかったです。遠くて行けないとあきらめ、6月に通販の問合せをしたのが最初で最後のやりとりでした...
私、ずっとみてます...魔女卵のHP。
11月、社員旅行が北海道に決まりました。もう魔女卵は無いですが、念願の札幌で理絵さんを感じたいと思っています。

投稿: よしえ | 2015年9月 9日 (水) 11時01分

よしえさん、メッセージありがとうございます。

殆ど更新されないブログですが、時々懐かしんで
観てくれているファンがいるのですね。

先日テレビで、柳生博さんが、亡くなった息子さん
真吾さんの話をしていましたが、雑木林のそこここに
ある真吾さんの創作物で、彼の息吹を感じるとあり
ましたが、同じように、理絵の残してくれた
一つひとつの雑貨で、折々の想い出が甦ります。

是非、北海道旅行楽しんで行ってください。

投稿: 父 | 2015年9月11日 (金) 10時45分

魔女卵さんには商品のお問い合わせ以来のコメントです。お店を知ったのは多分3年以上前で、初めてお店に行ったこと、次に行ったときはわたしのことを覚えていてくれて(店長さんと同じような洋服が好きでしたので…)、とても嬉しかったのを今でも覚えています。未だに魔女卵を超える雑貨屋さんはわたしのなかでないです。まだまだ欲しいもの、いっぱいあったのに…と思ってしまいます。自分にとってのパワースポットでした。ブログも時々拝見しております。今日見たら更新されていて、とても嬉しかったです。拙いコメントでごめんなさい。亡くなってからのブログを読んでほんとに素敵な人だなぁと改めて思いました。

投稿: MO | 2015年10月 5日 (月) 19時35分

MOさん、魔女卵のブログ見ていただいて
ありがとうございます。

娘に逢えなくなってから2年2カ月が
経ちました。私の胸の中では、今も、
魔女卵は健在ですよ。

いつも写真に向かって、お店忙しい?
お客さん沢山来てる?と問いかけています。
娘の友達も「もう魔女卵のような店は
出来ないね」と、言ってくれています。

「今更ながら凄い店を作ったんだなぁ、
理絵は!」と誉めてあげたいです。
MOさん、やさしいコメントありがとう
ございました。

魔女卵は永遠に!皆さんの心に残ってくれて
うれしいよ。

投稿: 母 | 2015年10月 6日 (火) 19時22分

東京に住むものです。私も雑貨が好きで、プチパンのガーランドを検索していたら魔女卵を見つけ、大ファンになりました。りえさんとも商品のことで何度か電話、メールでやりとりさせていただき、blogがとても楽しみでした。小さな赤ちゃんがいて、なかなか外に自由に買い物にいけない私のワクワクする息抜きの時間が魔女卵のblogを見ることでした。いまだ魔女卵以上の雑貨屋さんを見つけられずにいます。御冥福をお祈りしています。

投稿: ジョゼ | 2015年10月17日 (土) 21時31分

ジョゼさん、コメントありがとうございます。

赤ちゃんお元気ですか?
2年以上経ちましたので、可愛い盛りでしょうね。

個性の強い店だったので、未だ印象に残っている
のでしょうね。
感性が同じ、趣向が同じというファンが沢山
おられたのに残念ですね。もっと生きて欲しかった。

返事遅れました。ありがとうございました。

投稿: 父 | 2015年10月26日 (月) 10時33分

私も、魔女卵に行ってみたかった…父の実家が札幌なので、帰省した時は絶対にお店に行くぞー!と楽しみにしていました。私も音楽、芸術が大好きなのでお話もして見たかった。こんなにぶっ飛んだ可愛いお店他には絶対に見付からないです。お空で楽しい事してるかなー。

投稿: 花 | 2016年6月10日 (金) 23時26分

もうすぐ8月11日ですね..まだ1時間以上早いですが、今、バイトの休憩でふと理絵さんの命日を思い出して、また魔女卵のホームページをみてました。
そして思うのです...魔女卵みたいなお店、世界中どこを探しても無い。でも、魔女卵は私の携帯やパソコンに、店主の理絵さんは私達の心に、いつも身近にいてふと現れては癒してくれる。大事な存在なのです。

投稿: よしえ | 2016年8月10日 (水) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537331/61969402

この記事へのトラックバック一覧です: 理絵が亡くなって・・・:

« 8月11日(月)に一周忌法要を行いました。 | トップページ | 3度目の夏。 »