« 月夜の音 | トップページ | 鎌田理絵を偲ぶ会のお知らせ »

2014年4月25日 (金)

星の海に逝った人々。

理絵が亡くなって8カ月。
いつもの年と変わらぬ春がやって来ました。

長かった冬の雪もようやく融け、待ちかねたように、木々の芽吹きが
一斉に始まる季節です。春の花々も少しづつ色めいて来ます。
毎年、魔女卵の店舗の横に春の花を植えてやると、理絵が喜んで
くれたのを憶い出しました。

でも今年からは、そんなささやかな場所もなくなりました。

親よりも先に旅立つ不幸。
亡くなってしまってから、妙にいろんな場面で感じてしまいます。

韓国の沢山の高校生の傷ましい旅客フェリー船の事故。300人以上
の親たちが嗚咽と絶望の淵にいます。

振り返れば、東日本大震災では、2万人近くの人たちが亡くなり、
その中に先立つ不幸は一体どれくらいあったのでしょうか?
最も印象的だったのは、石巻市の大川小学校の児童74人の可愛そうな
津波事故です。早めの誘導で全員助かったのに、残念でなりません。
そして、宮城県南三陸町の防災庁舎で、懸命に町民に避難放送で呼び
かけながら、そのまま津波で亡くなった町職員の遠藤未希さんの悲しく
傷ましい事故。
宮古市田老地区では、10メートルの防潮堤があったにもかかわらず、
一旦は高台に逃げながら、真面目に避難施設に戻って来て、津波に吞み
込まれて亡くなった人たち。

遺された家族は、何年経っても悲しみの轍(わだち)の中にいます。
遠藤未希さんの両親は、亡くなった娘の無念さを忘れずに、来てくれた
お客さんと共有するために、「未希の家」という民宿を始めたようです。

そして、両親が高齢を迎えても一向に解決の糸口すら見えない、北朝鮮拉致
被害家族の動静。

「先逝く人々」の不幸がずっと尾を引いています。


話しは変わりますが、昔日の頃、南米ペルーのクスコ付近(標高4000m)の
田舎道をバスで移動した時に、車のヘッドライト以外は何の灯りさえも無かった
漆黒の闇に、宝石箱をひっくり返したような満天の星のことを憶い出しました。

手を伸ばすと掴めそうなくらいの無数の星の海を、今でも鮮明に覚えています。
あれはもしかしたら、親より先に亡くなった子供たちの、家族に伝える精一杯の
輝きなのかも知れないと想えて来ます。
銀河だけでも一千億を超える星々があるという話しをよく聞きます。

どう考えても、私たちは生きているうちに、あの星の海にたどり着けそうにも
ないけれど、亡くなった子供たちだけが、瞬時に何万光年も向こうの、星の海
に集うのです。

光輝いて、それぞれの家族を見つめ続けていてくれる気がします。亡くなった
人の魂の数だけ、永遠に、煌いていてくれる感じがします。

人は誰でも早い遅いの差はあっても、間違いなくいつの日か、死を迎えます。
「与えられた生」を精一杯生きるしかありません。

死ぬまで、亡くなった家族の業(ごう)を背負いながら・・・・・。





*9.11はアメリカの同時多発テロの日。3.11は東日本大震災の日。
  8.11は理絵の命日です。忘れないでね・・・・・。

Manten11

|

« 月夜の音 | トップページ | 鎌田理絵を偲ぶ会のお知らせ »

コメント

大好きな理絵さんのお店で買った物であふれる我が家。忘れる日はありません。
私も娘を亡くした一人です。ちょうどひと月後が命日。
心穏やかに過ごしたいと願う日々です。

投稿: | 2014年4月25日 (金) 15時18分

本当に、災害の被害は恐ろしい、津波原子炉、韓国船難波等、亡くなった方々家族の気持ちを思う時に、我が身に置き換え涙が止まりません。又、紛争が絶えないこの世を憂います。

投稿: 柳 昭司 | 2014年4月26日 (土) 09時45分

匿名さん、メッセージありがとうございます。

お店で買っていただいた雑貨、末永くご愛用
ください。ありがとうございます。

娘はどこかで生きていて、いつか帰って来る
ような、そんな錯覚ありませんか?

投稿: 父 | 2014年4月26日 (土) 19時31分

柳 昭司さん、メッセージありがとうございます。

傷ましい子供さんの事件や事故がめっきり
増えましたよね。
せっかく生まれて来たのに、年端も行かぬうちに
亡くなるなんて、許せませんよね。

来日したオバマ氏も、内心ではウクライナ情勢が
気になってしようがなかったでしょうね。
いつも戦争の犠牲になるのは、子供と女性ばかりです。

いい加減、気づけよ。と云いたい。


投稿: 父 | 2014年4月26日 (土) 19時42分

年齢を重ねるほどに命って宝物だと感じます。私も魔女卵グッズたくさん持ってます。

投稿: | 2014年4月27日 (日) 00時46分

理絵さんが亡くなってからもうそんなに経ちますか…
未だに個性的で可愛い物を見かけたら、理絵さん好きそうだなとか似合いそうだと思ってしまいます
最近魔女卵跡を通りかかりましたが、切なくなりました
魔女卵さんで買った品を、大切にしたいと思います

投稿: アキラ | 2014年4月27日 (日) 01時58分

そういえば、1年前のGWは「まじょとけらい」展をやっていたな、と思い出しました。小さなお店に沢山の人が入っていてびっくりしたのを憶えています。

私、いまだ受け入れられてないです、理絵さんが亡くなったこと。ただ、お店はもうないし、行っても会えないんだと思うと悲しくなります。彼女に会うたび不思議な世界を覗き見ることができたし、少し風変わりな自分でもまぁオッケーじゃん、という気持ちになりました。おっちょこちょいで、思わず接客のサポートをしたくなることも度々。それでも一生懸命お客さんに商品のことを伝えようとする姿が愛らしく、好きで好きでたまりませんでした。
理絵さんて、商品を売ろうという気配がないんですよ。説明や、お客さんの好みそうなものを出してきたりはするんですが。あと理絵さんのお気に入りのものも!毎回彼女のお部屋に訪問している気分でした。

ずっとお悔やみを申し上げなければと思い、こちらに書き込むことを考えていましたが、私はまだ言えないみたいです。

投稿: OM | 2014年4月28日 (月) 01時25分

魔女卵さんの誕生日の25日はブログ更新されるかなと、ちょこちょこブログに訪れていたものです。私も永遠に魔女卵を忘れない一人で、そして、魔女卵と理絵さんは、永遠に永遠に私の憧れです。
ブログの更新ありがとうございました。

投稿: お散歩金魚 | 2014年4月28日 (月) 09時37分

魔女卵のブログに投稿してくださった
匿名さん、アキラさん、OMさん、お散歩金魚さん
ありがとうございます。

理絵のこと、魔女卵のこと
大好きだったと書いてくださる方が沢山いて
何てありがたい言葉、理絵に届くといいね!

もちろん、私も当然、理絵が大好きでした。
私のような平凡な母親から産まれた割には
多方面にいろんな才能があったと思います。
教えられたこと山ほどあります。

OMさん、「未だお悔やみが言えない」と、
書いてありましたが、私もそう、「偲ぶ」と
いう字と「悔やむ」という字は嫌いです。

アキラさん、魔女卵グッズ、大切にしてくれて
ありがとうございます。

お散歩金魚さん、2009年4月25日が
オープンの日でしたよね。ありがとうございます。

母としては、そういえば最近、理絵に会って
いないなあ、何処へ行ったんだろう?

皆さん、ありがとうございます。

投稿: 母 | 2014年4月28日 (月) 20時23分

私も魔女卵大好きでした。理絵さんにお会いすることもできなかったけれど醸し出す雰囲気が大好きで憧れています、今でも。
ここにくれば理絵さんに会える気がして今でもきてしまいます。時々家族の方が更新してくださるとすごく嬉しいです。
子どもに先立たれる不幸、想像しただけでも辛いです。どんなにか辛い想いをされたかと察し案じます。
理絵さんはどこかできっと笑ってます。
キラキラした笑顔で笑ってます。
また時々更新してください。

投稿: 弓 | 2014年5月18日 (日) 00時04分

弓さん、メッセージありがとうございます。

身内を失った家族って、ず~っと終生
その人のことを想って、生き続けますよね。
当たり前ですが・・・。

元気だった頃の写真がところ狭しと飾ってあります。
毎日、自然に声かけをして暮らしています。

何かしらネタを見つけては、ブログ続けたいですね。
見に来てくださいね。

ありがとうございます、感謝。

投稿: 父 | 2014年5月21日 (水) 12時19分

ふと気になってサイトに遊びに来ました。もう一年経つのですね。
一度もお会いしたことなかったけど今でも憧れの人です。お会いしたことないのによく思い出します。理絵さんの存在はまさに宝石箱を覗いているような感覚でした。一度お会いしてみたかったな。話してみたかったな。今度皆さんでお集りになられるようですが、私もいつか参加させていただきたいです。理絵さんのことを聞いてみたいです。理絵さん、天国でもカワイイ物を見つけたり面白い場所に出かけたりされているだろうな。ブログ更新して下さるのが嬉しいです。また遊びにきます。

投稿: オレンジ | 2014年8月12日 (火) 16時54分

オレンジさん、ありがとございます。

何なんでしょうね。雑貨ごときで、これ程
皆さんの気をいつまでも惹くなんて。

道半ばでしたね。もっとも~っと可能性
あったのに。残念ですね。

後悔、先に立たず・・・。

投稿: 父 | 2014年8月19日 (火) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537331/59527629

この記事へのトラックバック一覧です: 星の海に逝った人々。:

« 月夜の音 | トップページ | 鎌田理絵を偲ぶ会のお知らせ »