« 2013年11月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年2月

2014年2月27日 (木)

月夜の音

父です。

一昨年だったでしょうか。
古い学生の頃の友人と、久しぶりに再会した折に
黄色く滲んだ北海道新聞の切れ端を、見せてもらいました。

友人は、子供たちがまだ小さい頃、しょっちゅう家に
遊びに来ていました。
理絵が15歳の頃、北海道新聞に投稿した詩を大事に
保管してくれていたのです。すっかり忘れていました。

北海道を代表する詩人で、放送作家の佐々木逸郎さんの
選定で掲載されたものでした。「月夜の音」という題です。




★★★★★★★★★★★★★★★★★



どこかで、ガラスの割れる音がする


体中に窓のついているひとがいて
あんまりたくさんの
ほほえみやさけびをうつすから
割ってしまった音だろうか


またなにかが割れる音
今度は水晶?
それとも鏡?


むらさき水晶の砂漠を白い旅人が
歩いてる音かもしれない
月の光が強すぎて鏡を割ってしまったのかも
しれない
だれかの涙が 悲しみのあまり
ほおを伝わったあと闇へと散った音かも
しれない

ほら またなにかが割れる音
きれいで透明で 悲しい音
夜に響いて 世界中にこだまする
今度はいったいなんの音だろう


もしかしたら 地球の割れる音かも
それとも 私の?


時計よりも確実に 音がなりつづく夜ー





★★★★★★★★★★★★★★★★★




【評】十五歳の作者がとらえた聴覚によるSFドラマ的世界。
   抒情の世界の月夜も、近未来はこんなふうに
   変わってゆくのかもしれない。
   「地球の割れる音かも/それとも/私の?」
   という自問自答が鋭く読むものに迫ってくる。




「それとも 私の?」
自分の将来を暗示しているような言霊でしたね。





Tsukiyo01_2

| | コメント (27) | トラックバック (0)

2014年2月 3日 (月)

ヒグチユウコさんの作品集が発行されました。

お久しぶりです。

もう本人が更新することのないブログに、
亡くなってから6カ月経っても、毎日100人以上の人が
アクセスしてくれているのですね。

ほんとうに、ありがとうございます。

先日、仲良くしていただいていた、ヒグチユウコさんの
初めての作品集が発行になりました。

ヒグチさんから娘にと、一冊送られて来ました。

素晴らしいイラスト作品集ですね。
2013年4月24日~5月6日まで魔女卵でやっていた
ヒグチユウコ個展「まじょとけらい展」のイラストも
作品集に載っていましたね。

娘も張り切ってやったイベントで、ヒグチさんの作品も
全部完売したみたいですね。

その3カ月後に、まさか自分が他界するなんて
まったく想像さえしていなかったでしょうね。

人生なんて、明日何が起きるか、誰にも見当も
つきません。今を精一杯、生きるしかありません。

でも、毎日精一杯、生きるのも疲れるものですね。
時々自分の人生を振り返るだけで、いいのです。

時々、魔女卵を想い出していただけたら、幸せです・・・。



Majyoran47


ヒグチユウコ作品集 有名書店にて販売中。 (出版社 グラフィック社)
税込2415円です。

特に猫好きの方には、たまらない作品集だと思います。





Higuchi02

2013.4.26~5.6までやった「まじょとけらい展」のDMです。




Majyoran40


この個展に合わせ、狭いスペースを活用するために
今まであった雑貨を何処に持って行ったのでしょう。
七不思議です。結構、ひとりで苦労したはずです。
それを誰にも愚痴らない娘でした。




 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年4月 »