« 魔女卵期間限定開店します | トップページ | お願い »

2013年9月 4日 (水)

私の娘、理絵へ

私の娘理絵は、必死の治療の甲斐もなく、病院に運ばれてから
6時間という短い時間の中で、亡くなってしまいました。

どうしちゃったんだろう、嘘でしょう?

神様も仏様もいなかった。大切な私の娘理絵は、39歳という若さで
この世を去った。一人娘のリリタンとダディを残して・・・・・。

理絵が店をするのに、「いい物件があるから見て。」と、云って、今の
場所で、雑貨店「魔女卵」が誕生しました。

あれから4年と4カ月余り、こんな容ちで閉店することになるなんて・・・

お店のブログには数え切れないほどのコメントが入り、友人たちが
心を込めて催してくれたお別れ会。
素晴らしかった。感動でした。こんなに沢山の人に愛されていたなんて、
ヘンテコリン丸出しの理絵が、誇りにさえ想いました。

理絵は小さい時から文才があり、絵やイラストが上手で、何にでも
センスが良く、私はいつも「りっちゃん、すごいねー。」と云っていた気が
します。大人になってからは、タワーレコードの給料日には、必ずおご
ってくれて・・・。私は社員通用口で理絵が出てくるのを待っていました。
昼はパスタ。夜だと焼き鳥居酒屋にも行きました。

理絵のお陰で、海外旅行にも、随分連れていってもらいました。

亡くなってから何日かして、一人娘のリリタンが、「昼間は母ちゃんの
こと忘れているけど、夜になると必ず想い出すよ。」と云われ、
「バアちゃんもそうだよ。」
まだまだ、理絵が居なくなったなんて、信じられない。信じたくない。

誰にどう慰められても、私には届かない。
子供に先立たれる悲しみは、私にしかわからない。

7日ごとのお参り。仁美ちゃんと私で、夕食を持ち寄り、みんなで食べて
いるよ。先週はダディが、鳥のもも肉をまるごと入れたライスとえびの
ボイル。きゅうりの中華風を作ってくれて。全部美味しかった。理絵にも
食べてもらいたかったよ・・・・・。

今でも、円山界隈や、狸小路辺りを、美味しいランチを求めて、ピンクの
自転車で、颯爽と走っている理絵が見える。

今は、マンションの入り口に、鍵がかかったまま、ポツンと置かれている
だけのピンクの自転車。乗り手がいなくなって、淋しそう。
でも、理絵の自転車の隣には、ダディとリリタンの自転車が並んでいるよ。


理絵!

今月、臨時で「魔女卵」開けるよー。

麻子ちゃんと直美ちゃんが手伝いに来るよ。勿論、リリタンもお兄ちゃんも
仁美ちゃんも来る。
ちょっとお店には、入りそうもないので、横にシートでも敷こうかなぁ。

理絵が一生懸命探して仕入れた雑貨たち。みんなに見てもらうからねー。

理絵、またね。


                                 お母さんより

|

« 魔女卵期間限定開店します | トップページ | お願い »

コメント

こんにちは、今年の冬に円山でたまたまテレビの取材を受けた時に魔女卵さんを紹介した者です。
理恵さんはいつもカラフルなファッションで、雑貨もカラフルで大好きなお店でした。
お別れ会にも、お店のファンだった友人と行きました。
今月、必ずお店にも行きたいと思います。
長文、失礼します。

投稿: アキラ | 2013年9月 4日 (水) 14時55分

鎌田さん、恵美留です。

理絵さんのブログが大好きでした・・・また、更新されているのではないか等と想ったりして、
未だついつい「魔女卵」さんのブログに遊びに来てしまいます・・・。

このたびの事、何と言っていいかわかりません・・・理絵さんの、ご冥福をお祈りするばかりです。
開店の時は、是非お伺いさせて頂きますね。

鎌田さん、どうぞご自愛下さいませ。
今度、ゆっく理絵さんのお話しましょうね!

投稿: usagi | 2013年9月 4日 (水) 18時11分

こんにちは。
札幌帰省したときには必ず魔女卵にお邪魔していた者です。

たくさんの想い出と、素敵な雑貨達、ほんとうにありがとうございます。
お店が混んでいても、いっぱいいっぱい気さくにお話ししてくれた理絵さん。大好きです。

取り置きしていた商品を取りに行った時、理絵さんのお母さんが店番をしていて、「クレジットの機械の扱いがわからないの」と、現金で支払ったのを覚えています(*^^)やわらかい雰囲気がとってもそっくりでした。

期間限定でお店を開く際には、必ず伺います。

投稿: ささき | 2013年9月 4日 (水) 18時43分

理絵さんのお母様へ・・・

以前にお母様、お祖母様とお揃いの所でお会いしたものです。今もお母様が理絵さんのことを見ながら「この人は香港行ったらいつも現地の人に間違われるの」と私に笑顔で話して下さった姿が目に焼きついてます。難と言っていいのか?正直解りません。私は親友を42歳で亡くしましたが、そのお母様が理絵さんのお母様と同じ事を言ってました。「夜になると思い出す、買ってくれた物を見ると涙が止まらない。子を失う悲しみは他の誰にも解らない」と・・。

いとおしんで 慈しんで育てた月日、母になった姿をみて、何故私より先にと思われる日々だと思うのです。
営業日には、沢山の理絵さんの事を慕う方々が集まり 沢山の愛とパワーを下さると思います。
理絵さんの宝物リリタンとお母様を癒してくれると思います。
どうか 営業日まで、くれぐれご無理されぬように お身体を大切にされてお過ごしくださいませ。
理絵さんのもう一つの宝物 魔女卵の営業出来るのはお母様抜きには出来ませんから。。

投稿: かがやです。 | 2013年9月 4日 (水) 23時39分

こんにちは。はじめまして、高円寺でAmanojaKuというお店をやってます。魔女卵さんのブログはたまたまヒットしてここ数ヶ月ですが時々ですが見てました。キッチュな色合いや中華もの。。。まさにアタシのツボで。。。札幌でこういうお店をなさってるのを見て励みになっておりました。で。。今日たまたまブログを開いて訃報に接し。。。
私は一緒にお店をやってきた双子の姉を去年の5月に47歳で亡くしました。がんが見つかってから6ヶ月で逝ってしまいました。
お母様ほか家族の方々の悲しみはいかばかりとは思います。
ですが、これだけのファンの心をわしづかみにできるお店をやってきた娘さんを誇りに思ってください!

必ずいつかまた会える日がくると私は信じております!

魔女卵よ!!永遠なれ!!!

投稿: amanojaku | 2013年9月 5日 (木) 12時47分

こんばんは。
私も雑貨が大好きで雑貨店をはじめました。
北海道に行ったら、ぜったい魔女卵さんに行きたい!と思っていました。
コメントを読んで、本当にみなさまから愛されるお店・愛される方と思います。
日々できることをこつこつがんばりたいです。
御冥福お祈りいたします。

投稿: MARKT.マルクト | 2013年9月11日 (水) 20時43分

はじめまして。
魔女卵はわたしにとって宝箱のようなお店でした。
小さい子供の頃、お菓子のおまけについていた、キッチュなアクセサリーを身に纏う時のような、どきどきわくわくする気持ちをいつも与えてくださいました。
遠く離れた名古屋からいつかお店に伺うのを楽しみにしていました。
その思いを馳せるだけで、とても楽しい時間になりました‼
魔女卵さん。ありがとうございます。
いつかまたどこかで。

投稿: fumf | 2013年9月13日 (金) 15時59分

ある番組で緑とピンクの素敵な誰にも真似できないファッションを披露し、気さくに商品を紹介していたりえさん。いつか行こう!絶対行こう!テストが終わったら行こう!と思っていました。海外に自分で足を運んで集めてきた雑貨を札幌のオシャレが大好きな人達に届けてるなんて、天使みたいなりせさん、一度お会いしたかった。私もいまからお邪魔していくつか受け取ってもよろしいでしょうか? 本当に突然の訃報、悲しくおもいます。お悔やみ申し上げます。りえさん、安らかに。

投稿: N | 2013年9月13日 (金) 22時44分

キッチュな理絵さん。元気をいっぱいありがとう。今でも理絵さんがキッチュに街中を自転車で駆け巡っていいるのがみえます。
(買い物こみちの通りすがりでしか面識はないかもしれませんが・・・)理恵さんからいっぱいパワーもらってたんですよ。そんな通りすがりの人にも安らぎとパワーとキッシュ(ノスタルジー、かわいらしさ、宝箱、暖かさ、etc)
を与えてくれる人でしたね、理絵さん。
忘れません。

投稿: | 2013年9月20日 (金) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537331/58126236

この記事へのトラックバック一覧です: 私の娘、理絵へ:

« 魔女卵期間限定開店します | トップページ | お願い »